原因の解説からおすすめサプリまで…痛風を克服する応援サイト!

おすすめサプリ大特集!痛風予防&対策ガイド
痛風なんかに負けない… » 尿酸値とは何か?基礎知識まとめ » 高尿酸血症とは?尿酸値の上昇を放置すると…

高尿酸血症とは?尿酸値の上昇を放置すると…

高尿酸血症という症状について、どのような状態を指すのか、痛風とは違うのか、どんなリスクがあるのかといった事柄を解説していきたいと思います。

高尿酸血症とは何か?痛風との違いは?

結論から先に申してしまいましょう。高尿酸血症とは、尿酸値が上昇し、一定の基準を超えてしまった場合の症状のこと。ちなみに、医学的な定義では、血中尿酸濃度が7mg/dlを越えた場合が高尿酸血症であるとされています。

そして、この高尿酸血症の状態から、足の親指関節に激痛や炎症が起きた場合が痛風という訳です。平たく言えば、高尿酸血症とは尿酸値の濃度が一定以上に高くなっているものの、痛風の症状は起きていない状態と言えば分かりやすいでしょうか。そして痛風とは、高尿酸血症が引き起こす合併症のひとつということになります。

つまり、痛風が起きる場合には前段階として自覚症状がほとんどないのが厄介なのですが高尿酸血症に既に罹っているということになるのです。そして、このページのタイトルともなっています通り、高尿酸血症とは、尿酸値の上昇を放置すると起きてしまうということになります。

痛風以外の恐ろしい合併症

高尿酸血症は、痛風だけでなく、他にも様々な合併症を起こしてしまうリスクがあるのです。そのひとつは「痛風結節とは?」のページでもご紹介している痛風結節。これまた尿酸が増えすぎることで結晶化し、耳たぶや肘、膝、くるぶしやアキレス腱などにコブのような塊ができてしまいます。

加えて、高尿酸血症は高血圧や高血糖、高脂血症といった症状との相乗効果も発揮してしまいやすく、その結果として動脈硬化にはじまり、心筋梗塞、脳梗塞といったより深刻な合併症を発生してしまうリスクを高めてしまいます。

また腎機能障害や尿路結石といった症状も然りです。前述の通り自覚症状があまりないため、ついつい放置してしまったり、気がつかないまま進行してしまいがちですが、高尿酸血症は早期発見、早期治療が大事なのです。

尿酸値の上昇を放置することは厳禁。このことをしっかりと、肝に銘じておいてください。