原因の解説からおすすめサプリまで…痛風を克服する応援サイト!

おすすめサプリ大特集!痛風予防&対策ガイド
痛風なんかに負けない… » 痛風の予防と対策について語る! » 飲酒や何やら…生活習慣の見直し?

飲酒や何やら…生活習慣の見直し?

痛風予防の観点から、生活習慣について取り上げ、実践したほうがよいことや、考慮したいことなどについて、取りまとめてご紹介していきたいと思います。

痛風予防に重要な生活習慣とは?

「食生活はどうすれば?」ならびに「運動をしなければ?」のページで述べていますとおり、正しい食事と運動というのは、痛風を予防する上で極めて大きな約割を担っています。

痛風に限らず生活習慣病全般で言えることですが、いわゆる食の欧米化によって、日本人の肥満化傾向および、いわゆる隠れ肥満が増加していることはご存知の通りです。そして、肥満は痛風はもとより、高血圧や高血糖、高脂血症といった症状も招き、場合によっては、相乗効果をも発揮してしまいます。

健康を考える上で、適切な食事と運動によって、肥満状態を解消・軽減することが重要だということを、今一度、心に留め置いておいてください。

止められないお酒、消えないストレス

食事以上に気をつけたいのが飲酒です。ビールはプリン体が多いからダメという風潮があり、確かにそれはそれで間違っていないのですが、実は酒類は種類を問わず、痛風予防の観点からはよろしくないのです。

酒類から摂取してしまうプリン体もさることながら、体内でアルコールが分解される過程において、実は尿酸値は上昇してしまうのです。酒量は適切に、嗜む程度を心掛けてください。

その上で、痛風予防においての、もうひとつ重要なポイントは、ストレスを解消・軽減できる生活環境を整えるという点です。

これまたご存知の通り、現代社会はストレス社会。仕事上でのストレスはもちろんのこと、本来はストレスを解消してくれるはずの場所である家庭においても、場合によってはストレスが増えてしまうという場合も少なくないことでしょう。

そしてこのストレスというものは、実は尿酸値の上昇や、痛風の発症にも大きく影響するとされています。医学的に確固たるデータや研究というのはまだ確立されていないものの、傾向として、責任感が強く悩みを抱え込みやすい人は、痛風にかかりやすいのだとのこと。

趣味や運動などでリフレッシュやリラックスできることが重要です。ただし、念のため申しておきますと、暴飲・暴食でストレスを解消するというのは、もちろん厳禁です。

サプリメントを新たな生活習慣に

これまでの生活習慣を今すぐ変えるのは、実際ハードルが高いです。そこで導入を検討したいのが、痛風予防に効果のあるサプリメントの活用です。

本サイトで繰り返しています通り、尿酸の元となるプリン体は、食事だけでなく体内でも作られるもの。サプリメントには、尿酸値抑制の効果のあるものや、プリン体の吸収を抑えるものなどがあり、それらを賢く活用すれば痛風予防の効果が期待できます。しかし、中には粗悪なものやインチキなものも出回っているのが実情。キチンと、信頼できるものを選んでください。