原因の解説からおすすめサプリまで…痛風を克服する応援サイト!

おすすめサプリ大特集!痛風予防&対策ガイド
痛風なんかに負けない… » 痛風の予防と対策について語る! » 睡眠不足が続くと?

睡眠不足が続くと?

寝不足により痛風が起こる?

痛風は生活習慣の中に原因が隠れているケースが多い病気です。主な原因としてはアルコールの摂りすぎ、プリン体を含む食品の摂りすぎなどが考えられています。それ以外の生活習慣についても、乱れた生活リズムを繰り返すことが痛風にとっては良くないとされており、睡眠不足もその中に含まれます。

寝不足は、体が活動する時間帯に老廃物が沢山作られてしまう可能性があります。

起きている時間帯にお酒を飲む(プリン体の摂りすぎ)+寝不足によって体にストレスが溜まるといった二重の効果によって、尿酸値が上がりやすくなってしまいます。睡眠不足は軽視されやすいものですが、尿酸値を上げる働きをするものです。体が休息しないことでストレスが溜まり、自律神経のバランスを乱すことも考えられます。

尿酸値の程度にもよりますが、尿酸値がなかなか下がらない場合は、体に睡眠不足などといった余計なストレスがかかっている可能性もあります。痛風であると疑う場合は専門医を受診し、正しい生活習慣を心がけるようにしたいところです。

寝不足により痛風が起こる原因

睡眠不足によって痛風が起きる原因としては、腎臓の機能が低下して尿酸を外に排出する機能が弱まることが考えられます。また、人間の体は寝ている間に自律神経のバランスを整えますが、それができなくなると、尿酸値を正常値に戻すことができなくなってしまいます。

睡眠不足は代謝に関わる肝機能が低下し、痛風リスクを高める「肥満」の原因にもなります。これは、睡眠をとらないことによって血中に「コルチゾール」と呼ばれるストレスホルモンが増えるためです。

元々痛風体質の方や、一時的に体内の尿酸値が上がっているような場合、睡眠時間が不足すると正常に尿酸値が外に排出されないため、さらに尿酸が体に蓄積することになります。

睡眠時間が極端に短い、または寝る時間が常に遅いといった、慢性化した睡眠不足は特に痛風のリスクを高めます。尿酸を溜めないように食事を改善することはもちろんですが、しっかりと睡眠をとらなければ尿酸の排出リズムが狂ってしまいますので注意が必要になります。

寝不足を改善する方法

寝不足を改善するためには、毎日決まった時間にベッドや布団に入るように心がけます。眠れない場合でも、一定の時間を休息に充てるのは良いことです。

睡眠不足が慢性化している方の場合は、いつもよりも1時間以上早い時間に眠るようにして、眠る前の飲酒は避けるようにしましょう。一日最低6時間以上は眠る時間に充てることが大切です。

不眠が続いている場合は、根本的な原因にアプローチすることも大切です。何かが気になって眠れない、集中して眠れないといったケースでは、専門医を受診して対応を行いましょう。眠るのに最適な環境調整として、寝具をお気に入りの物するなどの工夫も安眠のサポートとなります。

ストレスを適度に発散する工夫も、寝不足にとって良い効果を与えます。体に溜まったストレスを適度に発散できるようにして、気持ちをリフレッシュして睡眠に臨むようにしてみてください。