原因の解説からおすすめサプリまで…痛風を克服する応援サイト!

おすすめサプリ大特集!痛風予防&対策ガイド
痛風なんかに負けない… » 痛風の予防と対策について語る!

痛風の予防と対策について語る!

痛風の発症を予防するための対策として、した方がよいこと、逆にすべきでないことを、食や運動、生活習慣といった面から解説していきたいと思います。

痛風の予防、果たして何をどうすればいいのか?

痛風予防には、ズバリ、尿酸値の上昇を防ぎ、適正に保つことが何より重要です。そして、それを実現する手段として大事なのが、食生活、運動、そして生活習慣ということになります。

それぞれにおいて、どのようにすればよいのか、また逆にすべきでないことは何なのかを、しっかりと把握しておいてください。

食生活はどうすれば?

食事

痛風は「ぜいたく病」というイメージが強く、予防には質素で味気ない食事をしなければならないと思ってしまいがちです。しかし、過度な食事制限はストレスを招き、却って尿酸値が上がってしまうことも考えられます。

重要なのは、尿酸値を上げてしまいやすい=プリン体の多い食材をしっかりと把握しておき、適切な量や頻度を守ることに他なりません。さらには、尿酸値を下げるために、積極的に摂りたい食材というのもあります。これについても、ぜひ知識を深めておいてください。

運動をしなければ?

運動をしている人

日常的に運動することは身体によいことであるのは、まったくもって正しいことです。

しかし、闇雲にやればよいというものではなく、こと痛風予防に関しては、やり方を間違えると、逆効果になってしまうという場合があるのです。

実際によかれと思って運動を行ったら、痛風発作が起きてしまったという本末転倒な事態も実際にある位なのです。

正しい運動とはどんな内容なのか、きちんと理解をした上で実践することが大切です。

飲酒や何やら…生活習慣の見直し?

ビールを飲んでいる人

食生活や飲酒、運動といったことに比べ軽視されてしまいがちですが、実はストレスを解消・軽減できる生活環境づくりというものも重要です。責任感が強い、悩みを抱え込みやすいといった方は、ストレスもたまりやすく、そうした方は、痛風を発症してしまいやすいという傾向があるのです。

もうひとつ、尿酸値を抑制・コントロールするために、サプリメントを有効活用するというのも、ぜひ検討しておきたい生活習慣になります。

睡眠不足が続くと?

睡眠不足な人

睡眠不足は、腎機能などの低下をもたらしたり、自律神経のバランスを乱して尿酸を外に排出させる機能を低下させたりする恐れがあります。睡眠時間が不足すると、血中におけるストレスホルモンの増加をもたらすため、そこから痛風のリスクを上げる肥満の原因になる可能性も。また、慢性的な睡眠不足は尿酸の蓄積をもたらす可能性があるため、適度なストレス発散や入眠のための工夫を。不眠の方は専門医を受診するなどして、原因にアプローチをしていくことが大切です。

水分補給が大切?

水

こまめな水分補給は痛風改善にピッタリです。痛風には水が一番効果的だと言われていますが、お茶やコーヒーにも痛風に有効な成分が含まれています。

ただし水分補給も摂り方を間違えてしまうと、逆効果になってしまう場合があるのです。効果を高めるためには、1日に摂取する量をしっかりと守ることが大切。

では、正しい摂取量はどのぐらいなのでしょうか。ここでは、水分の効果的な摂り方についてまとめています。ぜひチェックしてみてください。

ストレス発散が痛風予防になる?

悩んでいる人

「ストレス」は痛風に大きく関係しています。「ストレスを発散する方法が見つからない」「発散しても数日後にはまたイライラが溜まっている」というなら、あなたは痛風になりやすい人。

また、「ストレスとは無縁だ」という人も他人事ではありません。自分ではそう思っていても、実際にはストレスを抱えているケースが多いんですよ。次のページでは、ストレスを抱えるとなぜ痛風が引き起こるのかを詳しく解説しています。すぐに実践できるストレス発散法も紹介しているので、参考にしてみてください。

痛風対策まとめ

痛風は遺伝的な要素や加齢などが関わっていると言われていますが、日常生活の過ごし方も影響を及ぼします。 痛風対策の一番のポイントは、尿酸値が上がりすぎないように心掛け、常に適正に保つことです。食生活や肥満予防など、痛風予防のためにできる対策について紹介していきたいと思います。

食生活を整える

痛風対策に有効な方法である、毎日の食生活。栄養バランスに注意しながら、尿をアルカリ性に変えてくれるアルカリ性食品を摂るようにしましょう。 ワカメやヒジキなどの海藻類、緑黄色野菜、メロンやバナナなどの果物も有効です。尿がアルカリ性に傾くことで、尿酸が外に排出されやすくなります。

次に、普段の食事の中で摂る水分についても注意が必要です。ミネラルウォーターやお茶などを中心に、1日に2リットル程度を目安にしながら水分を補給しましょう。 そしてもっとも注意したいのが、食事の前後もしくは食事中に行う飲酒です。痛風に影響を与える「プリン体」を含むビールをはじめ、飲酒については基本的に飲みすぎは厳禁です。 プリン体だけを避けていればOKというわけではなく、尿酸値は体内でアルコールを分解する際に上昇します。そのため、たくさんお酒を飲めば飲むほど、痛風にかかるリスクは上昇してしまうのです。

食事内容、飲酒量をそれぞれ見直すと同時に、気を付けたいのが「食べすぎ」の問題です。ついつい過食や間食が増えてしまう方は特に要注意。肥満になるほどに、インスリンと呼ばれるホルモンが増加するため、尿酸を外に排出する機能が低下してしまいます。

普段の生活の中でできること

食生活以外でできる対策としては、ゆっくりとしたペースで行う有酸素運動も効果的。インスリンの働きを活性化させるので、尿酸値の低下にも良い影響を与えます。 ウォーキングやジョギングをはじめ、軽く自転車をこいだり、激しすぎない程度に運動を行うようにします。 ただし有酸素運動中は汗として体から水分が抜けていきやすいので、ミネラルウォーターやスポーツドリンクを適度に摂取し、体内の水分量が極端に失われないように注意しましょう。

まとまった時間を運動に充てられなくても、一駅分歩いたり、階段を意識的に昇降するといった運動なども効果的です。自転車を使わずに徒歩で歩く、または車を使わずに自転車をこぐといった運動でも、尿酸値を減らす効果が期待できます。 運動と同時に気を付けたいのが、ストレスレベルのコントロールです。 痛風予防においては体にストレスを溜めすぎないことが重要とされており、医学的には はっきりとしたデータはないものの、ストレスレベルの高い人ほど痛風のリスクを負っていると言われています。

仕事、日常生活、趣味や娯楽など、私たちは一日を通してさまざまな活動を行いますが、何事も限界を超えてしまうのは考えもの。尿酸値がアップし、痛風のリスクを上げてしまうおそれがあります。 先ほど紹介した食事や運動習慣の改善なども、やり過ぎにならない程度を心掛け、無理のないレベルを維持するようにしてください。

ストレスに深く関わるところとしては「寝不足」も深刻な問題です。一日にまとまった睡眠時間がとれていない、もしくは途中で起きてしまう(眠りが浅い)などの問題は、体内に余分な老廃物が多量に生産されてしまう可能性があり、それによって尿酸値が上がるリスクをはらんでいます。

睡眠不足は自律神経の正常なコントロールが乱れる原因にもなり、それによって体調不良や尿酸の排出に影響を与える可能性もあります。 まだ痛風の症状が現れていなくても、「未然に防ぐ」ことを第一に考え、正しい生活習慣を送るように心掛けていきましょう。

マッサージも痛風予防に効果的?

痛風の予防には、毎日の生活習慣や食生活の改善がもっとも有効な方法です。マッサージが予防に良いという意見もみられますが、マッサージはあくまでも血行促進を期待するもの。尿酸が血液中から減少するわけではありませんので、やはり食生活やストレス対策などを中心に行っていくのが理想的です。

マッサージも痛風対策の一環として取り入れることができますが、足に激痛が走っている時に行うのは逆効果になってしまいます。あくまでも痛風の発作が起きていない時のみの処置ですので注意が必要です。 痛風対策に適したマッサージ部位には、くるぶしとその周辺、足指の根元や足裏の中心部分のくぼみなどが挙げられます。ここには腎臓の機能を上げるツボなどが含まれており、痛風の発作が起きていない状態で刺激を加えることによって血流を上げて、体内の老廃物を外に流す機能を上げてくれます。

すでに痛風の痛みで患部に触れない、もしくは靴下が履けないという時には、無理にマッサージを行うことはせず、痛風発作の処置を行いましょう。 痛みが起こりやすい場所としては、親指の付け根やくるぶし、足の甲、かかと、膝などがあります。これらの部位に強い痛みが走ったら、そこを不必要に刺激せず、患部を冷やして安静にしましょう。

発作は夜中に起きることが多いと言われていますが、赤く腫れあがってから24時間ほど痛みが続き、その後数日をかけて和らいでいきます。治るまでに時間がかかる病気ですから、腫れが収まるまではマッサージなどは一切控えるようにしましょう。 マッサージを行う場合は心身ともに健康な日を選び、血行が良くなっている入浴後などがおすすめ。痛風の症状を抑える薬を飲んでいる間も有効です。 ただし、体内から水分量が減少しないように適度に水分補給を行ったり、アルコールを控える、食生活に注意するなどの対策も並行し、徐々に尿酸値を下げていきましょう。

痛風再発予防もしよう

痛風対策には、普段から痛風が悪化しないように心掛けることはもちろんですが、再発予防のための工夫も重要になります。 痛風は生活習慣による病とも言われており、食生活や飲酒量などによっては何度でも再発する可能性があります。一度痛風を患い、完治したからといって再び元通りの生活に戻ってしまっては、痛風のリスクを高めるおそれがあります。

痛風対策の基本は、毎日の生活習慣を見直すことにあります。アルコールの摂取量に注意し、可能なかぎりアルコールの摂取を控えるようにしてください。 禁酒が難しい場合は「適量」を心掛け、一日のアルコールの摂取量を少しずつ減らしていくようにします。また、水やお茶など良質な水分を定期的に補給して、血中の尿酸値を上げないように注意しましょう。

有酸素運動やマッサージは、痛風の発作を和らげる効果があります。時間のある時に足を中心に揉み解しを行い、ウォーキングや自転車こぎなどの適度な運動を挟んでいくと良いでしょう。 食事についても、プリン体の多い食品には注意が必要です。魚介類やエビ、イワシ、白子、カツオなどはプリン体が多く含まれていますので、お酒を飲んでいない日でもこれらの食品の摂取には注意が必要です。代わりにアルカリ性食品や、水分を多く含むきゅうり・トマトなどの野菜をプラスすることをおすすめします。

最後に、ストレスレベルのコントロールも痛風の再発防止に役立ちます。疲れをそのまま翌日に持ち越さないように、適度に運動や休息を取り入れて体を休めるようにしてください。 特に毎日の睡眠については、まとまった時間(6時間から8時間程度)を睡眠に充てることで、自律神経のバランスが整いやすくなり、尿酸値にも良い影響を与えます