原因の解説からおすすめサプリまで…痛風を克服する応援サイト!

おすすめサプリ大特集!痛風予防&対策ガイド
痛風なんかに負けない… » 痛風とは?その概要に迫る » 痛風になりやすい人の特徴は?

痛風になりやすい人の特徴は?

どんなに暴飲暴食を続けても痛風になりにくい人と、少し不摂生をしただけで痛風になってしまう方がいますが、一体どのような違いがあるのでしょうか。ここでは痛風になりやすい人の特徴を調べてまとめています。自分は痛風になりやすい体質かどうかチェックしておいてください。

痛風になりやすいのは圧倒的に男性

痛風と言えば男性がかかる病気というイメージがありますね。実際はその通りで、痛風は圧倒的に男性がなりやすい病気です。これは、男性の尿酸値の方が高いからだと言われています。

尿酸値の平均を男女別に見てみると、女性が約2.5~6mg/dlなのに対し、男性の尿酸値は約4~7mg/dl。痛風を発症する患者のうちの9割以上が男性で、女性はたったの1割というデータがあります。なぜ女性に比べて男性の尿酸値の方が高いかというと、女性ホルモンの働きが影響しています。

女性ホルモンには腎臓から尿酸の排泄を促す働きがあるとされているため、つねに尿酸が排泄されやすい状態。つまり男性よりも尿酸が溜まりにくい体質というわけです。女性の場合でも女性ホルモンが低下したり閉経を迎えたりすると、尿酸値を排泄する働きが弱くなりますが、血清尿酸値が高い状態が何年間も続かなければ痛風は起こりません。

遺伝的な病気や薬物の影響を受けない限り、女性が痛風になることはほとんどないと言っていいでしょう。

肥満の方はとくに要注意

肥満の人は痛風になりやすいと言われています。肥満は大きく分けて2種類あります。内臓脂肪型肥満と皮下脂肪型肥満です。皮下脂肪型肥満は女性に多いタイプで、皮下に脂肪が多くついてしまった状態。

これに対して内臓脂肪型肥満の方はリンゴ型のいわゆる「メタボ体型」で男性に多いのが特徴です。痛風になりやすいのは内臓脂肪型肥満の方。高尿酸血症の方は同時に高インスリン、高血圧、高脂血症、糖尿病にもなりやすい状態とされていて、肥満の解消が改善の基本です。

中性脂肪値やHDLコレステロール値、血圧や血糖値のコントロールを行なえば尿酸値も下がる傾向にあります。これらの数値に問題があると指摘された方は、肥満を解消するように努めましょう。

尿酸をたくさん作ってしまう体質がある

普通の人よりも尿酸を排泄するのが難しい体質の方がいます。これは遺伝的なもので、尿酸の排泄に関係する遺伝子が異変を起こすことによって尿酸排泄低下の体質になってしまい、腎臓から尿酸を体外に排泄しにくくなるためです。

痛風患者の8割はこの遺伝子に何らかの異変があり、普通の方に比べて尿酸を排泄しにくい状態と言われています。また痛風を患っている方のなかには、たくさんの尿酸を体内で作ってしまう体質の方も。これを尿酸産生過剰タイプといいます。尿酸を排泄する機能に問題はなくても、作る量が多いため、その分排泄されなかった尿酸が体内に蓄積されてしまうのです。

スポーツマンは痛風になりやすい?

普段から運動をしている方は痛風になりにくいのでは?と思われがちですが、実は運動が原因で痛風になってしまう方もいます。スポーツマンは運動により汗をかきますが、それによって体内の水分量が減少し、血液が濃縮されて尿酸値が上がってしまう状態が続くのです。

スポーツ時や汗をかいた時にこまめに水分補給をしていればとくに問題ありませんが、人によっては面倒に感じてしまい水分補給を十分に行なわないという方も。これは痛風を発症するリスクを高めてしまう行為なので要注意です。スポーツをした後だけでなく途中の休憩時にもこまめに水分補給をして、尿酸が体内に溜まるのを防ぎましょう。