原因の解説からおすすめサプリまで…痛風を克服する応援サイト!

おすすめサプリ大特集!痛風予防&対策ガイド
痛風なんかに負けない… » 痛風とは?その概要に迫る

痛風とは?その概要に迫る

知っているようで実は知らない、痛風とは果たしてどんな症状でどんな原因で起きるのか、様々な角度から解説していきたいと思います。

様々な角度から、痛風とはなんなのかを解説

何が原因?

痛風に心配をお持ちの方であれば「尿酸」という体内物質のことは、ご存じかと思います。

簡単に言えば痛風という病気は、この尿酸が体外にキチンと排泄されず体内に留まって堆積してしまうことで、発症してしまいます。そのメカニズムについて、ぜひ知っておいてください。

痛風の原因を知りたい方はこちら>>

どんな症状?

「痛風」=「風が吹いただけでも痛みを感じる」という恐ろしい症状が病名の由来です。足の親指の付け根などの関節部分で起こるケースが多く、ある日突然、耐え難い激痛が発生します。

ただし発症する前に、兆候を把握して適切な対応を行えば、痛い目に遭わずに済む可能性が高まります。

痛風の症状を知りたい方はこちら>>

元凶のプリン体って?

痛風を引き起こす元凶とされており、最近では酒類のテレビコマーシャルなどで「プリン体カット」がことさらアピールされているプリン体。

すっかり悪者というイメージが刷り込まれてしまっていますが、実はプリン体は身体に不可欠な物質でもあるのです。

元凶といわれるプリン体について知りたい方はこちら>>

1日のプリン体の摂取量は?

尿酸値が高い方や、実際に痛風の発作を経験された方などは、食事によるプリン体の摂取を控える必要があります。しかし、必ずしもプリン体をゼロにしなければならないということではありません。

痛風の専門家団体が示している1日あたりのプリン体摂取量の上限とは?

1日のプリン体摂取量を知りたい方はこちら>>

痛風結節とは?

体内に蓄積された尿酸が結晶化することで発症する痛風には、関連する症状として痛風結節というものがあります。

簡単に言えば、結晶化した尿酸によって耳たぶや肘、膝などの皮下に瘤のようなものができてしまうこと。その詳細をご紹介しています。

痛風結節について知りたい方はこちら>>

プリン体が多い、少ない食品は?

プロの栄養士さんなどの専門家はさておき、一般の方にとってプリン体の多い食品、少ない食品についてはなかなか分かりづらいもの。

なかには誤解をしてしまっているものも多いはずです。そこで、肉類、魚介類、野菜・穀類、飲料といった分類ごとに、プリン体が多い、少ない食品の例をご紹介します。

食品のプリン体含有量を知りたい方はこちら>>

痛風予備軍セルフチェック!

痛風については、軽度・中度・重度と3段階に分けることができます。前兆として現れるさまざまなトラブルのうち、チェックリストに当てはまる項目が多いほどに痛風の可能性が高まります。すでに症状が出ている場合には専門医を受診し、早期発見・早期治療を開始することが大切です。

痛風予備軍セルフチェック!を知りたい方はこちら>>

痛風になりやすい人の特徴は?

暴飲暴食をしても痛風にならない人と、少し不摂生をしただけで痛風になってしまう方がいますが一体どのような違いがあるのでしょうか。ここでは痛風になりやすい人の特徴や体質、習慣について調べました。痛風とはどんな病気なのかも分かりやすくまとめています。今から痛風を予防したい方や痛風予備軍と言われた方は必見です。

痛風になりやすい人の特徴は?について知りたい方はこちら>>

痛風は再発しやすいって本当?

「痛風はもう治った」と安心している人は要注意。その存在を忘れた頃に再発する可能性が高いのが「痛風」です。今は一時的に発作が治まっていたとしても、またあの激痛に襲われる日が刻一刻と迫っているかもしれません。

再発率を下げるために知っておくべき知識をまとめているので、一度でも痛風になったことがある人は必ず目を通してください。

痛風の再発について知りたい方はこちら>>

痛風の前兆とは?

痛風になると名前の通り、風邪が当たっただけでも激痛に襲われるので、多くの人が悩まされています。実は、痛風にも見落とされがちな前兆があることをご存知でしょうか?気になる方のために、痛風の前兆やその特徴、痛風になりやすい部位、対処法などをまとめました。痛風の前兆を把握して、激痛を予防する対処法を実践していきましょう!

痛風の前兆について知りたい方はこちら>>

痛風って遺伝するの?

痛風は遺伝する病気なのでしょうか?結論から伝えると、痛風そのものが遺伝することはありませんが、痛風に関連する遺伝はあります。ある遺伝子が変異していると、尿酸を排出する機能が健康的な人よりも弱く、痛風になりやすい状態となるのです。どういった遺伝子なのか、その遺伝子は気にするべきなのか、詳細をお伝えいたします。

痛風と遺伝の関係性について知りたい方はこちら>>